家庭菜園

トンネル栽培について知っておく

トンネル栽培は野菜を栽培するための植物保護を目的にした栽培法であり、作物栽培のため畑に有縁を作った方がよく育てられますが、これは土の流出を防いで、根の通気性を高められます。
トンネル栽培はこの畝にさらにビニールなどで覆った栽培法で、普通幅50センチ程度にアーチ状の支柱を設置し、その上にビニールで覆うようにします。
ビニールハウスを見たかならわかると思いますが、このような感じと思っていいです。
トンネル栽培は植えたばかりの作物を強い日差しから保護する役目があり、さらに強風の通気性もできて、弱い葉物のため理想的環境を作れます。
そしてトンネル設置のため植え床星美など作業が多いですが、家庭菜園レベルなら、それほど大きな作業とならず、作物の生育を高めるにはぜひ使いたいものです。

トンネル設置後日差しが強くなれば、風通りを考え脇を開放したりして、風が強ければ一時的に隙間を閉ざして調整。
そして、霜による被害を防ぐための設備も必要。
作業は、手間がかかりますが、植物の痛みを抑えられて、元気に育ちますから、イチゴなど促成栽培に積極利用されてます。
トンネル栽培は作物のため半開放的環境を人為的に作っていて、雨の害、害虫など防止に対して高い効果を得られます。

家庭菜園検定は、社団法人家の光協会が主催してますが、これは栽培技術をさらに高めたい方のためにつくられたもの。
受験資格は制限がありません。検定は1~3級に区分されています。